スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医法協で梅村、安藤氏が講演(医療介護CBニュース)

 日本医療法人協会(日野頌三会長)は6月11日、今年度最初の代議員会・総会を開いた。この日は、特別講演のゲストに民主党の梅村聡参院議員と、日本医療法人連盟副委員長で7月の参院選比例代表に同党から立候補を予定している安藤高朗氏が招かれ、今後の日本の医療に必要な施策などについて語った。

 梅村議員は、4月の診療報酬改定に言及。中でも、入院医療費と外来費を分けて点数を決めたことについては、現場から賛否両論が上がっているとしながらも、「次の改定が行われる2年後まで待てない分野に対して、集中的に診療報酬を入れていくという方向性は間違っていなかったと考えている」と一定の評価を示した。一方、個別の点数の決め方については、「本来の医療コスト、減価償却などを議論して出した数字ではない。すべて“力技”で決められた」と批判した。その上で、政権与党として引き続き医療政策に取り組んでいくために必要な民主党の変革には、安藤氏の存在が欠かせないと強調。「医療がどうあるべきかを本当に理解している安藤先生に、エビデンスなき力技で予算や診療報酬が決められている状況を変えてほしい」とエールを送り、医療団体が一丸となって支援すべきと訴えた。

 安藤氏は、一人の医師として立候補することの意義を説明。医法協のほか、日本医師会、日本病院団体協議会、四病院団体協議会などのメンバーとして、民主党との意見交換会や勉強会を開催することや、現場の声を吸い上げた上で政策立案することを自身の役割とし、入院・診療基本料のアップや二次救急病院の強化に重点的に取り組んでいくなど、医療者の視点からの医療政策の実現に意欲を示した。


【関連記事】
医療法人の現状と課題、6月にアンケート調査―四病協
参院選比例代表で安藤、西島両氏を推薦-日精協政治連盟
来年度診療報酬改定は「非常に素直な点数設定」
福祉医療機構、「仕分けられる」―医法協・日野会長
死因究明制度で独自案策定-医法協が事業計画

<口蹄疫>ワクチンごめんね 現実をブログで  横峯さくらさんから激励も(毎日新聞)
横浜同級生刺傷、事件前の心境つづるメモ押収(読売新聞)
<都議会>性描写漫画規制の条例改正案否決 総務委(毎日新聞)
相撲協会に適切な対処は望めない…文科相危機感(読売新聞)
谷垣氏、民主公約の撤回要求=政治とカネも追及―衆院代表質問(時事通信)
スポンサーサイト

父の愛 文字に残そう 京都の病院「パパ手帳」製作(産経新聞)

 「イクメン」と呼ばれる、育児に熱心な父親が増えているが、そんなパパたちを応援しようと、京都市内の病院が「パパ手帳」を製作した。妊娠がわかったときから、出産、入園、入学など節目ごとに思いを書き込み、子供が20歳を迎えたときに、最後のメッセージを書いて、プレゼント。「母子手帳は育児の“記録”だけど、パパ手帳は育児の“記憶”になる」という。

 「パパ手帳」を製作したのは、年間約1500人の赤ちゃんを取り上げている、足立病院(京都市中京区)。院長の畑山博さんが「パパ手帳を作ろう」と発案、同院に併設する子育て支援センター「マミーズスクエア」センター長の竹本久美子さんらスタッフが加わって、製作をすすめた。

 県や市などの自治体で「父子手帳」を配布しているところもあるが、「育児のマニュアルや手引書のようなものではなくて、父親からのメッセージが子供に伝わるようなものにしたいと考えました」と竹本さん。

 手帳は40ページ建て。最初のページは「ママとの出会い」。続いて、妊娠がわかったときの気持ちや、ママにかけた言葉、性別がわかったときの感想、赤ちゃんと一緒にいきたい場所、やってみたいことなど自由に書き込めるように欄をもうけた。出産、命名、1歳の誕生日や入園、入学といった節目ごとに、記念の写真をはり、メッセージを書き込んでいく。「ほんの少しずつでいい。そのときどきの思いを残してほしい」と畑山さん。「父親は母親ほど、密に子供と語り合う機会がない。でも手帳を通じて、お父さんはこんなことを考えてくれていたんだな、と子供に伝わります。自分が愛されて育ったということは、生きていく上で大きな自信になるはず」と話す。

 実は「パパ手帳」は、約3年前、携帯サイトで立ち上げたことがある。手軽にコメントを書き込み、写真も掲載できる、と考えていたが、成功しなかった。「父親の思いが残らなかった。はっきりとした形があるほうがいい」と畑山さん。ふぞろいな自筆で書き込み、はり付けた写真も色あせるかもしれないが、「アナログだけど心がこもっています。たった一冊、大切な一冊にしていただきたい」と竹本さんは話している。同院で出産しない人でも、実費(500円)で入手可能。問い合わせは足立病院マミーズスクエア(TEL075・221・7439)へ。(岸本佳子)

【関連記事】
「イクメン」を増やそう 変わるか日本の企業風土
子ども手当争奪戦あの手この手 イクメン狙いも
「イクメン」流行…男性の本心は?
専業主婦「賛成」の女性増加 厚労調査
“カツマー”賛否…産む幸せ、産まない選択
「はやぶさ」帰還へ

奄美で震度3(時事通信)
米大統領と電話会談へ=菅新首相(時事通信)
「取り調べ全面可視化を」足利事件・菅家さんら(読売新聞)
メロペンの用量上限変更で承認申請-大日本住友製薬(医療介護CBニュース)
樽床氏、記者会見開放「判断にもう少し時間を」(産経新聞)

<天皇陛下>皇居内で田植え(毎日新聞)

 天皇陛下は25日、皇居内にある水田で恒例の田植えをした。麦わら帽子に長靴姿の陛下は、マンゲツモチとニホンマサリを5株ずつ20カ所に計100株植えた。

「政府が悪くても幸せになれる」 少子化対策(産経新聞)
首相動静(5月22日)(時事通信)
<裁判員裁判>強姦致傷→強姦で起訴 被害女性の意向で回避(毎日新聞)
<ケシ栽培>神奈川県が「問題なし」と誤指導 藤沢の農家に(毎日新聞)
トラウマ、脳に影響 性的虐待8割に解離性障害(産経新聞)

ホッ、騒動クジャクが飼い主の元へ(読売新聞)

 千葉県警八千代署で拾得物として保管中に逃げ出し、捕獲されたクジャクが13日、八千代市に住む飼い主の会社社長の男性(54)に引き渡された。

 クジャクは今月3日頃、男性の自宅敷地内から逃げ出したといい、約10日ぶりに我が家に戻った。

 同署によると、男性は「いろいろお手数お掛けしました」と署員にあいさつし、クジャクを受け取った。金木義人副署長は「無事に飼い主の元へ戻って私もほっとしました」と胸をなで下ろしていた。

 クジャクを巡っては茨城県神栖市の男性も、飼い主と名乗り出たが、この男性のクジャクは10日、同県警鹿嶋署に保護されていたことが判明したという。

官房長官、午後に徳之島住民と会談(産経新聞)
京都の夫婦刺殺事件、娘婿を殺人容疑で逮捕(読売新聞)
口蹄疫の感染止まらず=家畜処分対象は8万頭超に―宮崎(時事通信)
もっちり食感がたまらない 米粉パン じわり人気(産経新聞)
小沢氏17日までに聴取へ=特捜部要請に回答―陸山会規正法違反事件(時事通信)

鳩山首相、今月中旬にも沖縄再訪問の意向(読売新聞)

 鳩山首相は6日夜、都内の日本料理店で報道各社の政治部長経験者と会食し、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題に関し、5月中旬にも再び沖縄を訪問する意向を明らかにした。

 沖縄県の本土復帰の日にあたる15日が念頭にあると見られる。

 また、普天間問題に関し、「パッケージとして前政権より良いものをやろうとしている」と強調した。

 一方、首相は衆参ダブル選挙の可能性について、「何の意味があるのか」と述べ、否定的な考えを示したという。

河村名古屋市長 「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ(毎日新聞)
別れさせ屋と元夫を提訴 殺害された女性遺族(産経新聞)
徳之島3町長、鳩山首相に絶縁状「意味ない。もう会わない」(スポーツ報知)
明細書の取り扱い、全医療機関で院内掲示を―厚労省(医療介護CBニュース)
建設会社社長ら逮捕、介護付き住居で詐欺の疑い―神奈川県警(医療介護CBニュース)
プロフィール

ふなきかつひろさん

Author:ふなきかつひろさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。